ご紹介、彼女ができないと悩むブサイクが恋人を作る簡単な方法


こんにちは、マサトです。
恋愛においてルックスっていうのは重要な要素ですね。
「自分がブサイクだ…」って感じてる人は、それだけで恋愛に臆病になってしまうかも。

ただ、男性の場合、意外にルックスが劣ってることはハンディキャップにならなかったりします。
実際、今回インタビューしたタクミさんは、「自分はブサイクだが、かわいい彼女が出来た!」とおっしゃってます。

今回はタクミさんに、ルックスがイマイチでも彼女をつくるための心構えを伺いましょう。
ルックスのせいで彼女ができないと悩んでるあなたは必読ですよ!

はじめまして、タクミと言います。
私は社会人3年目の25歳、IT企業でSEとして働いています。

私は学生時代を通して、全く彼女がいたことが無いっていうのがめちゃめちゃコンプレックスでした。
「彼女が欲しい…。」、ずっとそんな思いを抱えながら25年間生きてきました。
ただ、私のルックスはお世辞にも良いとは言えません。
なので、「このままずっと彼女ができないんだろうな」とどこかであきらめの気持ちも持ってました。

ただ、半年ほど前から、「このままじゃまずい!」って言う危機感を募らせるようになりました。
そのきっかけは、高校時代からずっと仲良くしてた友人に彼女が出来たこと。
この友人はお世辞にもハンサムと言えるような男じゃありません。
しかし、しっかりとかわいい彼女をゲットしてました。

彼女が出来る半年くらい前から、友人が積極的に街コンなどに参加していたのは知ってました。
自分も誘われましたが、「どうせ街コンなんか行っても、嫌な思いをするだけだ…。」と思って及び腰でした。

ただ、ルックスはブサイクと言ってもいい友人がかわいい彼女とラブラブな姿を見て、「自分も彼女が欲しい!」という気持ちに火が付きました。
で、そこから本気で彼女作りに取り組み始めたって訳です。

最初はかなり苦労しましたが、自分なりに「どうやったら、女性ウケがよくなるのか?」ってことを意識して色々試しました。
すると、3ヶ月くらいした頃には、街コンで出会った女性とLINEを交換して週末にデートしてる自分がいました。
そして、半年が経過した頃、人生で初めての彼女が出来ました!!!

最初にも言いましたが、自分のルックスはかなりブサイクです。
また、つい半年前までは、ブサイクなルックスがコンプレックスで、女性とうまく話すことさえできませんでした。
「ブサイクな自分じゃ、絶対女の子に振り向いてもらえない」って思いこんでましたね。
ただ、本気で彼女を作りたいと思って、色々試してみると、ブサイクでも女の子と仲良くなることは出来るんだなって、実感できました。

今回はブサイクなルックスに悩み、恋愛にビビってた自分から、ルックスがコンプレックスで女性に対して積極的になれないあなたに、アドバイスを送りたいと思います。

彼女ができないブサイクの特徴って?

「自分はブサイクだから彼女ができない・・・。」、そうあなたは思ってるかもしれません。
ただ、世の中を見渡してみると、ブサイクでも可愛い彼女がいる人なんて山ほどいます。
じゃあ、あなたにはなぜ彼女ができないのか?
それはブサイクだからということだけじゃなく、次のような彼女ができないブサイクの特徴が備わってしまっているから。

では、さっそく彼女ができないブサイクの特徴について見ていきましょう。

彼女ができないブサイクの特徴①.自信が無い

まず、彼女ができないブサイクの大きな特徴として自信が無いっていうのが挙げられます。
声が小さい、おどおどしてる・・・こんな男性を好きになる女性はよっぽどのもの好きです。
たとえ、相手が超イケメンだったとしても、その振る舞いが自信無さげだったなら、魅力的だと感じる人はいないでしょう。
あなたに彼女ができないのは、ブサイクなこともあるかもしれませんが、この自信が無いって言う要素が大きいかもしれませんよ。

彼女ができないブサイクの特徴②.気が利かない

女性は気が利く、まめな人が好き・・・これは間違いありません。
女性がよく「優しい人がタイプ」と言いますが、女性の言う「優しい」の意味は上っ面の優しさを指してることがほとんどです。
例えば、レストランに入る時にドアを開けてあげる、寒いって言った時に上着を掛けてあげるみたいな(笑)。
我々男性が考えるような、「困った時にそっとそばにいてくれる」とか、「大ピンチの時に身を挺して助けてくれる」といったものとは違いますね。

なので、飲み会で女の子のグラスが空いた時にビールを注文してあげるといったような行動が女性にとっては優しい行動に移る訳です。
こういった細かな目配りができないタイプは女性にモテにくいのは間違いありません。

彼女ができないブサイクの特徴③.清潔感が無い

清潔感が無いっていうのも、女性にモテないブサイクの典型的な例。
無精ひげを生やしてる、ちゃんと顔を洗ってない、爪が汚い・・・こういった特徴に当てはまる人はいませんか?
こういった特徴に当てはまると、あなたのブサイク度は一気に5割増しに。
逆にブサイクでも、清潔感を意識していると、女の子からの評価はそこまで悪くならないってケースもあります。
彼女ができないって悩んでいるあなたは、自分の身なりに清潔感があるかってことをもう一度チェックしてみましょう。

彼女ができないブサイクの特徴④.ファッションがダサい

たとえ、ビジュアルがブサイクだとしても、ファッションがおしゃれなら結構カバー出来たりします。
しかし、ビジュアル面のハンディキャップをファッションでカバーできてないっていうのも、彼女ができないブサイクの特徴です。

彼女ができないブサイクの特徴⑤.考え方がネガティブ

考え方がネガティブな人間も女の子にモテることはありません。
「自分はブサイクだから・・・」と思い悩んでるあなた。
すでに思考がネガティブモードになってるんじゃないですか?
ブサイクでも明るければ、普通に彼女が出来たりします。
ブサイクなお笑い芸人がかわいい子と付き合うパターンなんかを見てても分かると思いますが。
ただ、考え方がネガティブでなおかつビジュアルがブサイクってなると、彼女を作るのはかなり厳しいですよ。

彼女ができないブサイクが意識すべき5つのこと

先ほど彼女ができないブサイクの特徴についてチェックしてきました。
彼女ができないブサイクの特徴をまずチェックして、それに当てはまっているようなら、その点を改善していくことが必要です。
そうすることによって、ブサイクでも十分彼女を作ることは可能です。

では、具体的にどのように彼女ができないブサイクの特徴を改善していくのか?
その具体的な手順について、次の項目で説明していきます。

彼女ができないブサイクが意識すべきこと①.女性と話す場を増やす

ブサイクだというコンプレックスを持っていると、自然と女性から距離を置いてしまいがちになります。
そうして、女性と接する機会が少なくなってくると、女性と接する時にさまざまなな問題が出てきます。
例えば、「女性と話すことに慣れてないため、話かけられるとドギマギしてしまう」、「心に余裕が無いため、女の子をスムーズにエスコートできない」といった問題が挙げられますね。
実際、心当たりがある人も多いのでは?

ただ、女性と接する際に緊張する、スムーズにエスコートできない等の問題は、女性と接する場にたくさん出て行って、たくさん女性と話すことで、自然に解消されていきます。
要は場数を踏むってことです。

このような女性と話す経験を積むための場として活用したいのが街コン
街コンは東京・大阪・名古屋のような大都市圏であれば、毎日開かれているのが当たり前です。
地方であっても、週末には街コンが開かれているところがほとんどでしょう。

街コンは1回5,000円程度で参加することができます。
5,000円という出費は安いとは言えないかもしれません。
が、街コンほど女性との会話に慣れるのに最適な場はありません。
最初は全くしゃべれなくて、落ち込むこともあると思います。
っていうか、それが普通です。
ただ、我慢して週1ペースで街コンに参加していれば、2か月もする頃には女の子と話すのが全く苦じゃない状態になっていると思います。
要は慣れの問題ですね。
街コンにはさまざまなタイプがあるので、まずは下記のサイトで自分のエリアで行われている街コンの情報を検索してみてはいかがでしょうか?

しかし、「どうしても人と話すのが苦手…」っていう人もいると思います。
そんな人には「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」という本をおすすめします。
こちらの本は話すことが苦手なあなたのような人のために書かれた本です。
特にこの本の中にある「面白い話ではなく、どうでもいい話をしよう」っていう考え方は、非常にためになりました。
私も人と会話するのが苦手でしたが、この本を読んでからはそつなく会話が続くようになりました。
とりあえず、この本を読んだ上で、何度も街コンの場に参加すれば、女性の前で変に緊張することは無くなってきますよ。

彼女ができないブサイクが意識すべきこと②.眉毛と髪型を整えてみよう

あなたは「自分がブサイクなのは生まれつきだから、変えることはできない…」とか思ってるかもしれませんね。
ただ、実は眉毛と髪型を変えるだけで、美男子にはならないまでも、普通くらいのビジュアルになったりします。
特に眉毛は整えてない状態だと、かなり野暮ったい印象になります。
眉毛をしっかり整えるだけでも、シュッとしたキレイな印象に変わりますよ。
とりあえず、眉毛を何もしてない人は、まず眉毛を整えるところから始めましょう。

ただ、いきなり眉毛を整えると言われても、何の経験も無いとかなり戸惑うと思います。
そんなあなたは美容院に行って、プロの美容師さんに眉カットをお願いしましょう。
最近は美容院に行く男性も多いので、あなたが美容院で眉カットをお願いしても、別に変ではありませんよ。

あと、美容院に行ったときに髪型もおしゃれに決めてもらうといいですね。
ただ、今までおしゃれになんか気を使ったことが無いって人は、どのような髪型にしていいかにも悩むと思います。
なので、基本は美容師さんにお任せしましょう。
ただ、髪型は短い方がさっぱりとした印象が出ます。
なので、「短い髪型が好き」ってことだけを伝えて、後は美容師さんにお任せするのがよいでしょうか。

短い髪型にカットしてもらい、最後にワックスを付けてもらうだけでも、あなたの外見はかなり良くなると思いますよ。

彼女ができないブサイクが意識すべきこと③.人並レベルのおしゃれをしよう

あなたが自分のビジュアルをブサイクだと思っているなら、それをカバーするファッションには力を入れるべきでしょう。
ファッションがおしゃれに決まっていれば、ブサイクっていう印象はかなり抑えることができます。
むしろ女性によっては、あなたのことを「かっこいい!」と評価することもあると思いますよ。
そのくらいファッションっていうのは重要です。

ただ、「今までファッションになんか全く気を使ったことが無い…。」っていうあなた。
そんなあなたはまずあれこれ考えるよりも、雑誌に載ってるモデルの服装をそのまま真似することから始めましょう。
あんまり高い服を買う必要はありません。
H&Mみたいなおしゃれって言われるファストファッションのお店に行って、雑誌のモデルが着てるのと同じような色・形の服を選びましょう。
雑誌モデルのファッションっていうのは、おしゃれにコーディネートされてるので、それを真似するだけでも、そこそこのレベルには達します。
雑誌のモデルに合わせて、洋服を1セット準備することをおすすめします。
女の子と会う時は、その洋服を着ていくことで、まぁ「おしゃれ!」とは思われないまでも、「ダサい…。」と幻滅される事態は避けられるでしょう。

ちなみに、当たり前ですが、メンズファッション誌には狙ってる年齢層っていうのがあります。
そのため、40代男性向けのメンズファッション誌を見ながら、20代のあなたがコーディネートするとおっさんっぽく仕上がります。
逆に、20代男性向けのメンズファッション誌のコーディネートを40代のあなたが真似すると、無理に若作りしたイメージになってしまいます。
なので、まず自分の年齢層とあったメンズファッション誌を選ぶことが大切です。
代表的なメンズファッション誌のターゲット層の年齢を挙げるなら、

  • MEN’S EX:30代後半~50代
  • Fine:30代
  • MEN’S NON-NO:20代
  • FINEBOYS:10~20代
  • UOMO:30~40代
  • MEN’S CLUB:30~40代

って感じです。

これらのメンズファッション誌の中から自分の年代と好み(深く考えないで、雑誌をめくって洋服を見た時の印象でオッケー)に合わせて、1冊をチョイス。
後はその雑誌に出てくるモデルと同じようなコーディネートで服を1セット購入すれば、まぁ問題無いでしょう。

ただ、どうしても雑誌を見てファッションを選ぶのに苦手意識があるって人もいると思います。
そういった人におすすめしたいのが「服選び代行サービス」です。

服選び代行サービスっていうのは、スタイリストがあなたに合った洋服をセレクトしてくれるっていうもの。
自分でどうしてもかっこいい洋服が選べないなら、プロに丸投げしてしまうっていうのも賢い選択。
ちなみに、このような服選び代行サービスの代表格としては、「ベストスタイルミー」、「リープ」と言ったものがあります。
料金は選んでもらうファッションのアイテム数に応じて、7,800~19,800円程度になります。

自分で洋服を選ぶのが面倒な人は、服選び代行サービスの利用も検討してみましょう。

彼女ができないブサイクが意識すべきこと④.清潔感を出そう

どんなにハンサムでおしゃれな男性でも、不潔な男性に女性が魅力を感じることはありません。
なので、彼女を作りたい人は、清潔感をしっかりと意識するようにしましょう。

ちなみに、「女にモテるためには清潔感が大切!」っていうのは使い古されたフレーズになります。
が、具体的に清潔感を出すためにはどうすればよいのでしょうか?
人それぞれ意見はあると思いますが、私は次の6つのポイントが大切だと思ってます。

  • 爪を短く切る
  • ひげを剃る
  • 食後は常に歯磨きをする
  • 生乾きシャツは絶対にダメ
  • 汗をかいた時のためにデオドラントペーパーを持ち歩く
  • ハンカチを持ち歩く

特にひげは一番気を付けたいポイントです。
無精ひげが生えてるだけで一気に不潔感が増してしまいます。
よくひげを生やしてワイルドな自分を演出したいって言う人がいますが、意外とこれは難しい…。
ワイルドになるよりも小汚い印象になる人が圧倒的に多い。
なので、あなたは無難にひげを剃ってしまった方が良いでしょう。

ちなみに、ひげを毎日剃るのが面倒だっていう人は、ひげ脱毛を利用するっていう手もあります。
例えば、ひげ脱毛で有名な湘南美容クリニックを利用すれば、30,000円程度の出費でひげを脱毛してしまうことも可能ですよ。

彼女ができないブサイクが意識すべきこと⑤.レディーファーストを身に着けよう

我々のようなルックスがイケてない男性が彼女を作るなら、ルックスの弱点をカバーするために、他のポイントで女の子にアピールする必要があります。
具体的には女の子への振る舞いですね。
つまり、レディーファーストを意識するってこと。
例えば、

  • 女の子と一緒に歩く時は車道側を歩く
  • ドアを開けて女性を通す
  • エレベーターが開くとき、ボタンを押すだけでなくドアも押さえる

といったような例が挙げられます。

レディーファーストっていう言葉を聞くと、日本男児のあなたは「そんなキザなことできるか!」って抵抗感が湧くかもしれません。
ただ、このレディーファーストな態度を身に着けるっていうのは、ホントめちゃめちゃ大事。

あなたは女の子が「優しい人がタイプ」って言ってるのをよく聞くと思います。
この「優しい」って言葉だけを聞くと、「好きな女のために己を犠牲にする!」といった月9の恋愛ドラマの主人公のような男を想像するかもしれません。
でも、実はこれは勘違い。
女の子が言ってる「優しさ」っていうのは、レディーファーストな態度のことを意味してます。
ちなみに、この女性が言う「優しい男」について、秀逸な解釈をしてるのが、「LOVE理論(水野敬也著)」という本です。
彼女ができないと悩んでるあなたは一読してみることをおすすめします。
「優しい男」についてのイメージが180度変わるかもしれませんよ(笑)。

ご紹介、彼女ができないと悩むブサイクが恋人を作る簡単な方法のまとめ

「自分はブサイクだから、彼女ができない…。」、そんな風に悩んでるあなた。
ルックスがブサイクなのは、たしかにハンディキャップではあります。
ただ、一般に女性の方がルックスよりも性格を重視する傾向があります。
実際、街を歩いてると、「なんでお前にそんなかわいい彼女が!」って思わず突っ込みたくなるような美女と野獣カップルは決して珍しくありません。

なので、あなたも「なんでお前にそんなかわいい彼女が!」って突っ込まれるようなかわいい彼女をゲットしてみませんか?
もっとも、上記で書いたことを守っても、広瀬すずちゃんのようなかわいい彼女が出来るとは保証できません。
ただ、人並みにかわいい子をゲットすることは十分可能でしょう。

「自分は顔がブサイクだから…」とあきらめず、まずは女性と接する街コンなどの場所に出かけて実地訓練を積むところから始めてみてはいかがでしょうか?

女性とまともに話す機会が半年でたった1回しかなかった男が、1か月で8人の女の子とデートした方法

彼女ができない・・・」、そんな風に悩んでいるあなた。
ずっと彼女がいないと、「俺って魅力ないのかな…」とだんだん自信がなくなってきますよね。
ただ、あなたに彼女ができないのは、あなた自身の問題ではなく、そもそもあなたの周りの環境が悪いのかも
例えば、周りに出会いが全くないとかね。

そんなあなたが本気で彼女が欲しいと思ってるなら、今の彼女ができにくい環境を変えるしかありません。
そのための方法を知りたい人はココをチェックしてください。

今までずっと彼女ができないって悩んでいた人も、ちょっとした変化を取り入れることで、嘘みたいに出会いのチャンスがバンバン増えちゃいますよ。