彼女が欲しいけどできない…悩めるエンジニアの彼女の作り方と出会いの場は?


こんにちは、マサトです。
エンジニアっていう仕事は、男職場ということもあり、なかなか出会いが無いっていうのはよく聞きます。

今回はそんな彼女が欲しいけどできないと悩むエンジニアのあなたのために、同じエンジニアという境遇で彼女をゲットしたティモンさんにインタビューした内容をお届けしたいと思います。

こんにちは、山形県でPC開発のメカエンジニアの仕事をしているティモンといいます。
ここで働き始めて4年目になります。
関東にいたときに付き合っていた彼女と別れてから約4年彼女がいない生活をしてきました。

PCに限らずメーカーの開発業務のエンジニアは、男が大多数の職場のため、彼女を作るという面では厳しい仕事だと思います。

ただ、私はあきらめずに行動して彼女を探し続けたことで、先日3歳年下の彼女をゲットすることに成功しました。
付き合ってまだ数ヶ月ですが、彼女とはずっとラブラブの状態が続いています(笑)。
彼女には言ってませんが、結婚も前向きに考えています。

今回はメカエンジニアとして働きながら彼女を見つけた私が、彼女ができないと悩むエンジニアのあなたのために、恋愛のコツをご紹介していきたいと思います。

彼女が欲しいけどできないエンジニアが抱える問題点とは?

彼女が欲しいけど、できないと悩んでるエンジニアのあなたは次のような問題を抱えているかもしれません。

では、彼女ができないエンジニアが抱える問題について、細かく見ていきましょう。

彼女が欲しいけどできないエンジニアが抱える問題点①.女性の数が少ない

エンジニアの恋愛における問題点としては、「女性の絶対数が少ない」ということが挙げられます。
PCの開発業務に携わっているエンジニアは大多数が男性です。
女性もいますが年配の方が多いというのが実情。
ただでさえ少ない女性のうち30台前半までの若い女性は3割ほどになるため、社内での恋愛は絶望的な状況にありました。

理想の彼女を作るためには場数を踏んでたくさんの女性と会ってお話する機会を設ける必要があると思います。
それもおばちゃんや子供ではなく、自分のターゲットにする年齢層の女性とコミュニケーションすることですね。

エンジニアですと、営業職や販売員と違い、他の職種の人や様々なジャンルの人と接する機会はめっちゃ少ない・・・。
製造のライン作業の人や総務の人、またはフロア清掃の人と接する機会はあります。
が、都合よく長話するようなシチュエーションになることはほぼありませんね。

以前勇気を出して総務にいる同期の女の子に社内での交流会を依頼しました。
が、女性の参加者が少なく成立しませんでした。
若い女性がいないと交流会開催は厳しいと実感しましたね。

彼女が欲しいけどできないエンジニアが抱える問題点②.女性とコミュニケーションする機会が少ない

また、「仕事時間中に女性とコミュケーションする機会が少ない」というのも悩みでした。
女性に限らず人と頻繁にコミュニケーションをする機会が少なく(仕事の話をすることは多いがプライベートの話をする時間は少ない)、部品やPCとにらめっこする時間が大半です。
女性が少ない上に言葉を発さない製品とのにらめっこが続く毎日の中でどうやって彼女を見つけられるのか・・・。
これは、エンジニアなら多くの人が感じる悩みだと思います。
また、エンジニアの人は他の職業の人と比べて、内向的な人の割合が高いと感じます。
週末は家で一人でゲームをしたり酒を飲んだり、といったことが趣味の人が多く、40台以上の未婚者も相当数存在します。
そのようにはなから彼女を作ることをあきらめてしまったような人と話しても、ためになるアドバイスは得られません。

せめて飲み会の場だけでも彼女や奥さんの話題が飛び交うような環境になれば、女性に対する興味が湧いてきそうなものですが、ゲームや最新機器といった話しかしないっていうのが、実情なんですよねぇ・・・。

彼女が欲しいけどできないエンジニアが抱える問題点③.職場の女性も恋愛に消極的・・・

エンジニアが彼女を作るのに苦労するのは、職場にいる女性にも問題があります。
どのメーカーでも若い女性エンジニアが少しいるんですが、肝心の女性がコミュニケーション下手だったり、ゲームが好きで引きこもりがちなんてケースが多い
恋愛に対して消極で、彼氏が欲しいという雰囲気を感じない女性も多い気がします。

職業柄そのような女性が採用されるパターンが多いのかもしれません。
が、恋愛に発展しそうなコミュニケーションがしにくい子が多い。
中には恋愛に積極的な子もいます。
が、そのような子には周りの男たちが積極的にアプローチしてます。
入れ替わり立ち替わりデートや飲みに誘われており、もしそのような女の子を狙おうと思ったら多くの男を蹴落とさなければなりません。
まぁ、たいしてかっこいい男はいませんが(笑)、エネルギーを消費するため一般的な男性には向いてない方法だと思います。
また多くの男に言い寄られて困惑してしまう女の子もいますね。

このような状況になるのが嫌で、恋愛からあえて距離を置いてる子もいるのかもしれません。

彼女が欲しいけどできないエンジニアにおすすめの出会いの場とは?

女の子と話す機会が限られる私は、とにかく出会いの機会を増やすため、パーティー系の婚活街コンに参加しました。
パーティーに参加するメリットは、日頃の閉じた世界での生活がいかに地味で窮屈なものかを認識でき、もしうまくいかなくても「楽しいからまた行こう」と思えること。
コミュニケーションが苦手な方でも問題ありません。
皆初めはコミュニケーション下手。
なので、とにかく場数を踏むことでコミュニケーション力は自然とついてきます。

いろんな女の子を見ることで世界が急速に広がり、コミュニケーションも上達していきます。
そうなると、おのずと理想の相手は見つかります。
初めは恋愛する目的ではなく、ただ楽しむという目的で参加するのでもいいと思います。
ちなみに、私は街コンジャパンというサイトで街コンの情報をチェックしてましたよ。

狭い世界で物事を判断して絶望してしまうよりは、世界を広げていきましょう。
行動していけばあとは時間が解決してくれます。
まずは、たくさんの女の子と接する機会を持つことをおすすめします。

彼女が欲しいけどできない…悩めるエンジニアの彼女の作り方と出会いの場のまとめ

エンジニアが社内で恋愛をしようと思ったら、かなりの覚悟が必要だと思います。
それよりも、目を外に向けた方がいいかも。

外の世界にはたくさんの女の子がいます。
なので、まずは自分が積極的な感情を持ち、外に目を向けるようにすれば自分に合った彼女は必ず見つかると思います。

あきらめないことです。

女性とまともに話す機会が半年でたった1回しかなかった男が、1か月で8人の女の子とデートした方法

彼女ができない・・・」、そんな風に悩んでいるあなた。
ずっと彼女がいないと、「俺って魅力ないのかな…」とだんだん自信がなくなってきますよね。
ただ、あなたに彼女ができないのは、あなた自身の問題ではなく、そもそもあなたの周りの環境が悪いのかも
例えば、周りに出会いが全くないとかね。

そんなあなたが本気で彼女が欲しいと思ってるなら、今の彼女ができにくい環境を変えるしかありません。
そのための方法を知りたい人はココをチェックしてください。

今までずっと彼女ができないって悩んでいた人も、ちょっとした変化を取り入れることで、嘘みたいに出会いのチャンスがバンバン増えちゃいますよ。