銀行の恋愛事情ってどんな感じ?彼氏が欲しい銀行員のための出会いの場もご紹介


こんにちは、アオイです。

今回は銀行員として働きながら、彼氏を見つけたシナさんへのインタビューです。
銀行員の女性って聞くと、固いイメージを持ってしまいがち・・・。
シナさんもそのイメージのおかげで、かなり恋愛には苦労したご様子。

ただ、今ではゲットした彼氏と毎日ラブラブな日々を送ってます。
彼氏が欲しい銀行員のあなたはシナさんの体験談をぜひ参考にしてみて下さい。

はじめまして。
銀行の窓口で働くシナと申します。

私は平日は銀行の窓口で、お客様の接客をしています。
ちなみに、私は銀行員になってからずっと出会いが無く、気づいたら彼氏いない歴が7年に及んでいました。
この7年はずっと職場と家の往復で過ぎ去った気がします。

社内恋愛の話なんかも友達から聞いたりしましたが、うらやましいと思いながら私の職場では絶対無理だなと思ってました。友達が結婚するたびに、徐々に焦りの気持ちが生まれたりしましたね。

そんな出会いが無くて苦しんだ銀行員の私が、いかにして彼氏を見つけたかについてお話したいと思います。
同じように出会いが無いと悩んでる銀行員のあなたの参考になればいいなと思いますね。

銀行員のあなたが出会って恋愛する場合の問題点は?

銀行員が恋愛する場合の問題点①.職場に若い人がいなかった

大都市圏にある銀行の支店はそんなこと無いのかもしれません。
が、私が働いてた田舎の銀行の支店は職場の人数が5人で、同じ年代の男性が全くいないような状態にありました。
独身の男性もいることにはいましたが、20代前半だった私にとって、40近い男性はとても恋愛対象としてとらえられるような存在ではありませんでした。

若い男性が周りにたくさんいれば自然に恋愛へのモチベーションも上がるような気がします。
が、同年代の男性が全く職場にいないような状態では社内恋愛というのも考えにくく、段々恋する気持ちが眠っていくように感じました。

ちなみに、私は学生時代の先輩から、社会人に入って3年社内で恋愛の機会が無いと、もうチャンスは来ないよっていう助言を受けていました。
そして、残念ながら、私の職場では何か恋愛に発展するような出会いは全くありませんでした。
で、3年はあっという間に過ぎてしまい、4年、5年と月日が流れて、気づいたら若いと言われない年頃になってしまっていました。

銀行員が恋愛する場合の問題点②.田舎の銀行は若い男性が来ない・・・

「社内で出会いが無いなら、お客さんだ!」と思いたいところ。
なんですが、田舎の銀行はやってくるお客さんもおじいちゃん、おばあちゃんばっかり。
たまに若い人の姿を見かけても、ATMでお金をおろすだけで、窓口業務に従事してる私のところまで来るようなことはありません。
まぁ、そもそも来店するお客さんの数も少ないですし・・・。

たまに、取引先の男性で若い人が来ることもありますが、この若い人とはほとんど仕事の会話しかしませんでした。
もしかしたら、私にもう少し積極性があれば、このような取引先の男性から出会いをつなげることができたのかもしれませんが・・・。
ただ、やはり仕事中ということもあり、仕事そっちのけで若い男性と仲良くしゃべってると、間違いなく上司から怒られてしまいます。

ということで、取引先の男性と仲良くなって恋愛のチャンスにつなげるっていうのも、少し難しいと感じましたね。

銀行員が恋愛する場合の問題点③.固い女というイメージがある

ちなみに、大都市圏の銀行に勤めている銀行員の女性でも、なかなか彼氏が見つからないって悩んでる人も多いみたいです。
出会いのチャンスはあるはずなんですが、恐らく銀行員っていう職業のイメージが足を引っ張ってるんじゃないかなと。

銀行員っていう仕事のイメージは一言で言うと固い。
固いっていうのは女性らしいかわいらしさや柔らかさといったものとまさに真逆にある概念ですよね。
なので、合コンなどの場で最初私に興味を示してくれていた男性も、私が銀行員って聞くと、ちょっと煙たそうな感じを出したことを覚えています。
他の看護師・保育士・派遣社員の女の子なんかはかなり仕事の話で盛り上がってたんですけどね・・・。
看護師の女の子は「今度ナース服着てよ!」って盛んに男性陣に言われてました。
でも、私に「今度、銀行員の制服着て来てよ!」っていう男性陣は皆無。

まぁ、すごくかわいい子だったり、話が面白くて明るい子なら、銀行員でも合コンで勝負できるのかもしれません。
ただ、真面目でおとなしいタイプの私が、さらに銀行員って肩書で合コンに参戦すると・・・かなり厳しかったですね。

銀行員のあなたが彼氏と出会うためのおすすめの方法

さきほども述べたように、友人たちとの合コンではいまいちいい出会いにつなげることが出来ないかった私。
そうこうしてるうちに、年齢も20代後半になってきて、合コンではすっかりお姉さんというか、おばさん的な立場に・・・。

「もう、男性との出会いは無いかな・・・」と思っていた頃に、ちょうど私の会社で大きな研修が開かれることになりました。
「もう恋愛はあきらめる!これからは仕事に生きる!」と決心を固めて臨んだスキルアップの場で、まさか出会いのチャンスが転がってくるとは(笑)。

今の彼氏とは研修で隣の席に座ったことが縁になって付き合い始めました。
彼氏も私と同じで真面目なタイプ。
なので、スキルアップのために研修に参加してた私に好感を抱いてくれたようです。
連絡先を聞かれて、何度か食事やお茶をしに行きました。
で、そんなことを10回くらい繰り返したところで、彼から告白されて付き合うことに・・・。

恋のチャンスは忘れた頃にやってくるっていいますけど、まさにそんな感じでしたね。
普通の若い女の子は合コンとかで相手を見つけるんだと思います。
でも、私みたいなおとなしいタイプはやっぱり無理して合コンに行っても厳しいんですよね。

なので、自分にあった出会いの場に参戦するっていうのが凄く大切だなって感じましたね。

彼氏が欲しい銀行員必読!3ヶ月で見つけて恋愛するための方法のまとめ

銀行員の女性の中には私のように出会いが無い・・・って悩んでる人も多いと思います。
ただ、出会いのチャンスっていうのはいつどこに転がってるか分かりません。

とりあえず、何でもいいので同じ年くらいの異性がいる場所に行くようにしましょう。
私みたいに合コンが苦手なら、資格試験の勉強、英会話、ボランティアなんでもいいと思います。
そういう場所に行ってるうちに突然いい人に出会ったりします。

まずは、外に出る機会を増やす、これを銀行員のあなたは意識しましょう!