彼女が欲しいけどできない…悩めるセミナー講師の彼女の作り方と出会いの場は?


こんにちは、マサトです。
今回は都内でセミナー講師として働くタイセーさんに職場の恋愛事情について伺いましたよ。
それではさっそく見ていきましょう。

こんにちは。
都内でセミナー講師として働いてるタイセーです。
この職につくまえに1度結婚し、3年ほどで離婚。
その後、一年で再婚して現在結婚一年目です。

現職は多くの人と出会います。
しかし、恋愛には発展しにくいです。
私が再婚までに出会った方々の体験談をお伝えできればと思います。

彼女が欲しいけどできないセミナー講師が抱える問題点とは?

セミナー講師という職業のあなたは、私と同じような問題を抱えてるかもしれませんね。
ちなみに、私は次のような恋愛面の問題を感じていましたよ。

彼女が欲しいけどできないセミナー講師が抱える問題点①.出会いがあってもお客様

私は23歳で現在の業界(研修業界)に入りました。
仕事のメインは各企業の社員に対して研修を、企画し、実際に運営することです。

ですので、一年の半分近くは研修の場にいることになります。
つまり、「多くの人との出会いがある」ということになります。
研修の参加者とは、「先生と講師」のようなイメージを持たれるかもしれません。
か、弊社は体験学習をメインにしているため、実際には「インストラクターとアクティビティ体験者」のようなイメージで、お互いが接しやすい関係にあります。

しかし、多くの人と出会う機会はありますが、実際に恋愛に発展するケースは稀です。
そこが悩みの一つでもあります。
もし何かあった際には「お客様に手を出した」というイメージはこの業界では、大きなマイナスとなるからです。
業界的にもそこはご法度のようです。

参加者は様々な層です。新入社員、若手、管理職、女性対象者など。
そこで素敵な方と近い距離になれても、その場限りの出会いになってしまうと考えると、多くの機会を逃している気になりすごくもったいなく感じます。

彼女が欲しいけどできないセミナー講師が抱える問題点②.会社によっては、社内恋愛がほぼ皆無

一方で、この業界には女性も多くいるので、他社では社内恋愛も少なくはないようです。
弊社では現在こそありませんが、10年ほど前はほぼ社内恋愛で結ばれる人たちだったようです。
そういう意味で言うと業界の横の繋がりは強くはありません。
ですので、せっかく女性も多い業界なのに、参加者以外の仕事での出会いは少ないのも悩みの一つです。

私は前嫁とも、現嫁とも仕事以外のところで出会いました。
完全にプライベートです。
現在、同僚の彼氏彼女がいない人たちに話を聞くと、やはりプライベート以外の出会いは全くないそうです。
プライベートを、充実させられない人には出会いは少ないでしょう。

ここでいう悩みは、「業界自体には女性も多いのに、同業界での出会いがない」ということに尽きます。
入社した会社次第で、社内恋愛の可能性には、大きな差があるというのが現状。
そのあたりの、もったいなさは感じます。
しかし、弊社も参加している業界60社が集まるフットサル大会は、非常に華があります。
グイグイと、行ける人ならナンパ感覚でそのような場を上手く利用できるでしょう。

彼女が欲しいけどできないセミナー講師が抱える問題点③.出張が多く、恋人と時間が合わせづらい

悩みの一つにあるのが、出張が多く、恋人との時間を合わせづらいことです。
弊社は宿泊型の研修がメインで長ければ3泊4日になります。
それか月に3回ほどあるので、平日につくれる時間はかなり限られています。
これも同業界でも会社により異なるとは思います。
が、競合他社の同職種は同じような悩みを持っていると思います。

そして、「本当に、出張なのか?」と余計な疑いをかけられることもあります(笑)。
また、相手に何かあったときに、すぐに会いに行けないのも上記の理由があり、仕方ない部分でもあります。
そこは相手の許容範囲によるかと思いますが、同僚では「会えない寂しさ」を悩みに抱えるものも少なくありません。
とくに、将来家庭(子供)を持つことを考えると、現在進行形の恋人でもなかなか先を見づらくなるということも以前はありました。

既婚者に聞くと、「出張の間はお互いに気を使うこともないので自由に過ごせて、むしろ出張の時の方が気持ちが楽だ」という方もいます。
それはそれでどうかとも思います。
が、うまくいけばメリット、通常だとこの職のデメリットといったところです。

彼女が欲しいけどできないセミナー講師におすすめの出会いの場とは?

私が前の嫁と出会ったのは、パシフィコ横浜で行われるファッションショーでした。
ファッションショーというと、興味がない人は行く機会がないと思います。
が、アーティストのライブや出店などもあり、フェスのようなイメージで気軽に遊びに行けます。

飲食スペース(私が行ったものはワンドリンクでアルコールが無料でした)もあり、そこで声をかけて出会いました。
街でのナンパと違い共通の話題もあるので(さっきのライブよかったですね等)、意外と話しかけやすいです。
それに、ナンパ目的の男性はほとんどいないので警戒されることも少ないです。
また、女性一人で、来ている方がほとんどでした。
今思えば、これはかなり穴場だと思います。

二人目の嫁は友達と飲んでいた銀座のBARで声をかけました。
こちらは、いわゆるナンパ待ちとナンパ目当ての男たちですので、特にエピソードはありません。

彼女が欲しいけどできない…悩めるセミナー講師の彼女の作り方と出会いの場のまとめ

業界内での転職の自由度はかなり高いです。
もし社内恋愛が嫌じゃなければ、思い切って人数規模の大きい会社に移動するのもありかと思います。
あとはいかにプライベートの時間を有効活用できるかです。
出会いは決してないわけではありません!

女性とまともに話す機会が半年でたった1回しかなかった男が、1か月で8人の女の子とデートした方法

彼女ができない・・・」、そんな風に悩んでいるあなた。
ずっと彼女がいないと、「俺って魅力ないのかな…」とだんだん自信がなくなってきますよね。
ただ、あなたに彼女ができないのは、あなた自身の問題ではなく、そもそもあなたの周りの環境が悪いのかも
例えば、周りに出会いが全くないとかね。

そんなあなたが本気で彼女が欲しいと思ってるなら、今の彼女ができにくい環境を変えるしかありません。
そのための方法を知りたい人はココをチェックしてください。

今までずっと彼女ができないって悩んでいた人も、ちょっとした変化を取り入れることで、嘘みたいに出会いのチャンスがバンバン増えちゃいますよ。