彼女が欲しい税理士必読!3ヶ月で恋人と出会い、恋愛する方法とは?


こんにちは、マサトです。
今回は税理士という立場で、彼女を見つけた前田さんへのインタビューです。

税理士さんというと、大変難しい国家資格。
なので、女性からの人気も相当凄いんだろうなって想像してましたが、そうでもないみたいです。

今回は前田さんに、税理士の立場で彼女を探す難しさについて、存分に語っていただきたいと思います。

私は税理士事務所で20年近く勤務している40歳男性の税理士です。
名前は前田といいます。

現在私は2年前に結婚した5つ年下の妻がおり、自分で言うのもなんですがなかなか二人仲良く暮らしています。
妻と出会ったのは私が20代ももう終わりの頃でした。
当時私はやっと税理士試験に合格し、資格を取って今まで勤めていた事務所から独立を考えていた頃でした。
これからの仕事の方向性を考えていたときだったので、その時は女性と付き合うなんて考えていませんでした。

が、縁というのはわからないものですね。

税理士のあなたが彼女と恋愛する場合の問題点は?

まず、彼女と恋愛したいと思ってる税理士のあなたは、恋愛する上で税理士という仕事が抱える問題点について、しっかりと認識しておく必要があります。

では、早速見ていきましょう。

税理士のあなたが彼女と恋愛する場合の問題点①.出会いが無い

税理士の仕事というのはなかなか出会いのない職業なんです。
私の働く税理士事務所はそこそこ大きな事務所で、税理士が3人で共同代表のような形で運営しています。
なので、事務員さんが10人ほど常駐しています。

事務員さんは全て女性なんですが、流石に事務員さんを恋愛対象と見るのは難しいですね。
事務所の中での出会いが全く期待できない状況の中で、税理士の行動範囲は取引先になるんですが…
税理士の取引先といえばお客様です。
これも絶対無理ですよね。
付き合うのも大変ですが、もし関係がうまくいかなくなってお客さんを失うような事にでもなれば大きな損失です。

仕事上で残る外部との関係は税務署職員くらいですね。
これこそ絶対ありません。
税理士と税務署職員は利害関係が相反する関係です。
なので、極力接触をしないように努めることはあっても、恋人同士になるなんて想像もできないですからね。
このように税理士という仕事はビジネスでの男女の出会いが絶望的に少ないと言える職業といえます。
そもそも仕事で男女の出会いを期待する方がどうかしてるかもしれないですね。

税理士のあなたが彼女と恋愛する場合の問題点②.女性からの職業イメージがたいして良くない・・・

ビジネスでの男女の出会いがないとなればプライベートでの出会いを頑張りたいところです。
ここで気になるのが世の女性の税理士に対するイメージです。
私の経験上ではそれほどいいものではないようです。

紹介で税理士というと最初はいいんです。
一応国家資格所持者ですから「すごい!」くらいは言われます。
しかし多くの女性が税理士のイメージは「暗い」、「理屈っぽい」、「せこい」というマイナスイメージが先に来るようです。
これは私だけかなと思っていました。
が、他の税理士仲間と話してみると意外と多くの税理士が女性に言われているようです。

合コンなどでも税理士という職業は一瞬だけ「頭いいんですね!」「すごい努力したんですね!」と褒められるものの、職業として褒められるのはそこまでですね。
実は無口であったりしてコミュニケーション下手は税理士の職業的にもマイナス点が多く、話し上手聞き上手が多いんですけどね。
税理士という職業は誰もが知っている職業の割には、その業務内容他業種から見ればはベールに包まれている感じのようであまり知られていないのも原因ではないでしょうか。

税理士のあなたが彼女と恋愛する場合の問題点③.1年の半分が繁忙期でとんでもなく忙しい・・・

次に税理士の恋愛における悩みは時間です。
これは営業職の方や、プログラマーなどの技術職も同じかもしれません。

税理士という職業は営業職と事務職の両方をこなさないといけない性質を持っています。
もちろん事務員さんが新規顧客の開拓をすることもありますが、銀行や証券会社に行き顧客を紹介してもらうためには税理士本人が動く必要がありますし、顧客との食事も事務員さんだけに行ってもらうわけにもいきません。
外回りも税理士の大切な仕事だったります。

それに事務仕事がプラスされます。
今では多くの顧客が経理でパソコン導入がなされていて、事務処理は事務員さんができる領域は増えました。
しかしやはり税理士が直接処理すべき部分も多く残っています。

特に確定申告のある2月と3月、法人決算の集中する5月と11月、年末調整のある12月と1月は地獄のような忙しさです。
こう考えると年のうち6ヶ月、半分が忙しい時期だということですね。
この時は最終電車で家にかるなんてことは普通になります。
こんな状態ではなかなか女性と出会う機会はないばかりか、彼女ができたとしても会う時間も取れないのが現状です。

彼女と出会いたい!そんな税理士のあなたにおすすめの方法

ではどうやって私は妻と付き合うようになったか。
税理士といえばそれもで国家資格です。
先程は一般的にマイナスイメージがつきまとうと言いましたが、それでも腐っても国家資格。
世の中には国家資格を持った男性がいいという女性も相当数いらっしゃます。

そして、その事実を裏付けるように国家資格所持者の男性ばかりを集める婚活パーティーも存在します。
「存在します」どころか沢山あります。
私が妻と出会った頃は、独立を考えていた頃なので女性と付き合うことを考えていませんでした。
しかし、税理士仲間の付き添いのような形で婚活パーティーに参加したんです。
もちろん国家資格所持者の集まる婚活パーティーです。
そこに参加する女性は当然ですが、有資格者との出会いを期待して、パーティーに参加してます。
女性と付き合う気のない私でさえ、色々な女性と関わるチャンスを得て、今の妻をゲットすることになりました。

彼女が欲しい税理士必読!3ヶ月で恋人と出会い、恋愛する方法のまとめ

税理士という職業で日々を忙しく過ごしている若い人。
きっと、恋人を探す暇もないという方も多いはずです。
税理士って女性受けがちょっと…という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、私でも恋人と出会い、一生を共にするパートナーを見つけることができたのです。
あなたも一歩だけ勇気を出して踏み出してみてください。
自信を持って人とつながる場に参加しさえすれば必ず素晴らしい出会いが待っていることでしょう。